南月山〜白笹山

花の百名山(ミネザクラ)

【山 行 日】 2009年5月27日(水)快晴
【交   通】 マイクロバス
【参 加 者】 CL 長嶺  SL 田村k  他12名
【コ ー ス】 野木町役場 5:00 ⇒栃木IC⇒(東北道)⇒ 那須IC ⇒ 峠の茶屋P 7:40 登山口 8:05 … 峰の茶屋跡 8:45 … 牛ヶ首 9:15 … 日の出平 9:30〜9:40… 南月山 (10:05〜10:35)昼食 … 白笹山山頂 11:10 … 沼原湿原P 12:50… 沼原湿原周遊 (13:00〜14:00) ⇒ 野木町役場 17:00

● 南月山(1775m)

  黒磯市の北北西、栃木県と福島県との境に連なる那須連山の南側に位置し信仰の山でもあり山頂に南月山神社の祠がある。

途中にある日の出平はミネザクラの群生地として余りにも有名、5月末から6月までは沢山のハイカーで賑わう。
また、山頂付近はコキンレイカやアズマシャクナゲが自生しており楽しめる。

今回は、日の出平の満開の「ミネザクラ」に会いに行って来ました。

◆駐車場 那須山麓は無料駐車場が完備されています。難点は有料道路を通らないといけない事かな??また、下山側の沼原湿原にも大型の駐車場が完備されている。
◆登山口 那須岳は茶臼岳、朝日岳、三本槍岳、南月山等の総称で百名山に名を連ねていることから完備された登山口が設営されている。
◆展望等 南月山山頂からは那須連山が一望でき期待を裏切らない(但し晴天の時)
◆花 日の出平付近のミネザクラ、オオカメノキ、タチツボスミレ、フデリンドウ、南月山からの稜線ではアズマシャクナゲ、白笹山からの下りでアズマシャクナゲ、ゴヨウオウレン、ミヤマカタバミ、コケリンドウ、ゴヨウツツジの群落、ミヤマスミレ、アイイロセキショウ、ニョイスミレ、タチツボスミレ等々
◆ルート

● 南月山(1775m)
  マイカーがお薦め。東北道 那須ICから県道17号線を峠の茶屋駐車場を目指す。
  途中、ポルケーノハイゥエイは有料となる(乗用車¥360円)

● 白笹山(1719m)
  マイカーかタクシー利用となる。沼原湿原駐車場を目指す。

◆トイレ コースには設置ゼロ。駐車場脇のトイレで事前に済ませましよう。
峠の茶屋駐車場登山口 初めは低木歩く 茶臼岳の北側登山道

【日の出平へ】
 午前中くもりで午後から雨・・・確立50%。那須黒磯地方のNHK天気予報である。4時起床で、見上げればドンヨリと厚い灰色の雲に覆われている。心なしか、東北の方角は青空が見え隠れしているように見える。定刻に車は出発する。
峠の茶屋駐車場に着いたときには、雲一つない青空で眩しく、朝日岳が映えていた。。。。平日というのに山麓駐車場はハイカーの車が次々に到着します。私達一行はストレッチの後、やんわりと歩き出し。。。。後から来たハイカーに道を譲り、あくまでマイペースです。

朝日岳 ゴロ岩の登山道 峰の茶屋跡避難小屋
 朝日岳が目の前に聳える中の茶屋跡で衣服の調整を兼ね小休止。天候が良すぎて登山道の照り返しが暑い、兎に角暑い。もう汗だくです。茶臼岳北側の石がゴロゴロしている登山道を緩やかに登る。砂利石ばかりの斜面にガンコウランが群生するも未だ花の時期ではないのか、イワカガミも硬い蕾状態です。
 登山口から40分ほどで峰の茶屋跡避難小屋に到着。緊急避難用の小屋なので宿泊は出来ないが休憩は可能である。小屋廻りのベンチは多くの登山者で賑わっていた。
分岐から茶臼岳 噴煙上がる無間地獄 牛ヶ首と日の出平
10分ほど休んで牛ヶ首に向かう。硫黄採掘の跡横を通り、ゴウゴウとガスが噴き出してる無間地獄を横目で見ながら足早に通り過ぎると、牛ヶ首に着く。5年前に来たときは雪渓も残っていたように記憶しているが、この暑さで溶けてしまったのか影も形もない。
南へのヤブ尾根を少し登りきると日の出平に到着です。群生しているミネザクラが100パーセントの満開。花弁が散ってしまった木もあり、今日が最高の日でしょう。
タップリとミネザクラを堪能した後、小藪の尾根道を進みます。黒い火山岩だらけの道をユックリ登ると、ほどなく南月山(1775.8m)に到着。少し早いが昼食時間とした。

日の出平からミネザクラ&茶臼岳 →→
南月山神社祠 前方 白笹山 アズマシャクナゲ
白笹山への尾根道はその名の通り両脇にシロササがビッシリと生え、その中を下る。途中、アズマシャクナゲが顔を出すも3部咲きで蕾状態であった。50人位の団体さんと交差し、ところどころで背丈ほどもある笹の間を進み、登り返すと白笹山の山頂に着く。ここが山頂・・・と疑うぐらいの場所で道標が無かったら山頂とは見えません。
白笹山は銘木が多かった
一休みして沼原駐車場に向かう。下りはネマガリダケの根が露出しているところもあり歩きにくく滑りやすいので注意が必要。ジグザグに下っていくとアズマシャクナゲが満開です。足元には五葉オウレンやヒメイチゲの可愛い花が疲れを癒してくれます。更に下っていくとシロヤシオの群生に出会う。山頂付近は堅い蕾だったが、沢の近くは満開で純白の花が素晴らしく、立ち止まっていると先行に置いて行かれてしまい、大きく離れる。
沼原湿原駐車場には予定より早く着いた為か迎えのバスは未だ来ていなかった。湿原を1時間ほど散策?して戻ったときにはバスも到着、一路、野木へと戻る。

←ゴヨウツツジ(シロヤシオ)
●ハイキングコースで見かけた山野草・・・ (^^)/~
コメバツガザクラ イワカガミ オオカメノキ
タチツボスミレ ミネザクラ コヨウラクツツジ
アズマシャクナゲ タケシマラン ヒメイチゲ
アカフタチツボスミレ ゴヨウオウレン フデリンドウ
ゴヨウツツジ ミヤマカタバミ コケリンドウ
ミツバツツジ ミヤマスミレ アイイロセキショウ
ニョイスミレ ズミ ミヤマスミレ
ページトップへ