中央アルプス木曽駒ヶ岳2956m
▲中央アルプス玄関口しらび平へ
 野木町役場を4:30分定刻に出発。北関東道、長野自動車道と高速道を乗り継ぎ中央アルプスの玄関口、菅の台バスセンターに着く。ノンビリと荷改めをしてたら、配送係員が来てバスへの乗車を施す。我がメンバーといえば既に準備万端、バスへ乗り込んでいる。慌てて椅子へ腰掛けたとたんバスは走り出した。満席の中高年2組を乗せたバスはジグザグに渓流沿いの狭い道をロープウェイ駅しらびそ平にユックリと進む。
ロープウェイからの景観 (^^)v
中央アルプスへの玄関口千畳敷カール 千畳敷駅に到着
▲木曽駒ヶ岳へ
 しらびそ平ではロープウェイ待ちの時間もあり、CLが切符を購入してくる間に到着時間の確認やトイレを済ませることが出来た。駒ヶ岳ロープウェイは高低差950mあり、それは日本最高であるとアナンウンス嬢。8分ほどで一気に山頂駅である千畳敷駅に到着する。ロープウェイの降り口に、『標高2612m 日本最高所駅 千畳敷駅』の案内板があった。CL、SLが早々にホテルへの仮チェックインを済ませ、余分な荷物を食堂脇の小部屋に纏め置き、広場へ出る。高場から千畳敷カールを眺めてみれば、期待したコバイケイソウ、シナノキンバイは葉芽も見えない灰色の肌だった。花は無いが、岩肌と雪渓と青空のコントラストは素晴らしく、これから向かう乗越浄土から宝剣岳あたりはガスが激しく移動しているのが確認された。誰からと無くストレッチの号令が掛かる。


千畳敷カールの雪渓をトラバース
先ずはストレッチ 雪渓です
ショウジョウバカマ 見上げれば宝剣岳 雪解け後は広大なお花畑です!!


乗越浄土への登りはハクサンイチゲがお出迎えです
カールとホテル千畳敷 南アルプスは?
前方 乗越浄土 乗越浄土に着きました ^^;
☆☆☆ 昼食と大休憩 山想会歌会も ☆☆☆

 千畳敷駅前にある信州駒ヶ岳神社の祠で安全祈願して、右の遊歩道から八丁坂を登り乗越浄土に登るコースへと向かう。直ぐに雪渓が遮る。前者の足跡を頼りにゆっくりと雪に踏み込む。よく見ると雪解けの間際に淡い紫色のショウジョウバカマが顔を出していた。花が無いかと少し心配だったがホットした。計2つの雪渓を経てジグザグの八丁坂を登る。
 稜線に近くなった頃、ミヤマキンバイ、ハクサンイチゲ、イワカガミがポツポツと顔を出してきた。疲れてきた足が軽くなり心も弾む。乗越浄土に着いた頃には腹の虫も鳴き出し、時間も12時と昼食の時間です。河島さんの音頭で山想会詩も歌い大いに盛り上がる。
 宝剣山荘裏から中岳への登山道は両脇が緑のロープで囲われており、随所に石で囲まれた「コマクサ」の植生園になっているらしい。登るときも下りるときもガスが遮りハッキリとした状況が確認できず、コマクサは葉がやっと確認できるくらいでした。
 30分くらいで木曾駒ヶ岳山頂に到着です。神社へお参りを済ませ、山頂での記念撮影を終えたら直ぐに下山開始。風も出てきてガスで周りが殆ど見えません。



木曽駒ヶ岳山頂 2956m
山頂神社 くつろぐメンバー
ミヤマキンバイ ガスに包まれた山頂は視界ゼロです 山頂の祠
花スライドへ:同じです 花スライドへ:同じです
花崗岩の登山道 宝剣岳の守護神天狗岩もガスに出たり入いたり
宝剣岳への天狗岩脇から明日登る予定の三ノ沢岳を眺めるが、谷底から吹き上がるガスは止みそうもありません。それでもうっすらと山陰が見え、明日への闘志を胸に元来た道をホテルに向かう。途中、剣ヶ池への遊歩道雪渓手前で南アルプス、富士山を眺めながら山談義に花を咲かすメンバーでした。
キバナシャクナゲ 千畳敷カールを眼下に下山


★ 南アルプスを肴に山談義 (^^)/~
豪華な夕食
目次 日程表 宿泊
7月14日(火) ●歩行約5時間
★野木町役場 4:30 ⇒大田桐生IC(北関東道)⇒藤岡JCT(関越自動車道) ⇒ 更埴JCT(上信越自動車道)⇒岡谷JCT(長野自動車道)⇒駒ヶ根IC(中央自動車道) 9:48 ⇒ 県道75号線 ⇒ 菅の台BC 10:05 ⇒ しらび平 10:35 ⇒千畳敷カール 10:56

▼千畳敷カール登山口 11:10 … 乗越浄土 (12:05〜12:35) … 木曽駒ヶ岳山頂 (13:25〜13:35) … 天狗岩 14:25 … 千畳敷カール雪渓手前 (15:00〜15:40)… ホテル16:10
小屋泊
7月15日(水) ●歩行約6時間
▼千畳敷カール登山口 5:00 … 極楽平 5:30 … 宝剣・三ノ沢分岐 6:00… 三ノ沢岳山頂 8:50(ピストン)…千畳敷カール登山口12:0

★千畳敷カール 12:20⇒しらび平⇒菅の台BC⇒こまくさの湯(13:50〜14:25)⇒駒ヶ根IC(中央自動車道)⇒岡谷JCT⇒八王子JCT(圏央道)⇒川島IC(圏央道)⇒県道76号線⇒県道33号線⇒県道38号線⇒国道125号線⇒国道4号線⇒野木町役場 19:40
帰宅
三ノ沢岳へ 前に戻る 稜線の花達へ

このページのトップへ